エントリー

4. Super Oscilloscope for Histogram of Spikes classified (SODHS)

English

D5-5.jpg

 このスーパーオシロスコープソフトは、通常のオシロスコープにデーターレコーダ機能とデータ解析機能が付いており、実験データを解析しながら、実験中の全てのデータを記録保存できます。しかも、実験動物や実験内容の様子を適時音声で録音できますから、実験後のデータ解析に大いに役に立ちます。解析データは自動、または適時、このソフトがインストールされているPCのプリンターでプリントできます。

 上図のオシロスコープ画面は、2チャンネルのデータを連続記録しながら、チャンネル1の神経発射入力でトリガーされたデータから、その神経発射郡からスパイクを検出し、さらにそのスパイク郡を高さで分類して、右の画面にその分類したスパイク毎に、スパク列、その波形の重ね書きと平均波形、ヒストグラム、及びラスター表示をそれぞれ示したものです。2チャンネル目のデータは、実験後にそのデータレコーダ記録を再生しながら、同様のデータが得られます。

仕様:YTLソフトのMemory OSC (MeO8)、Data rcorder (DRMe8)、Automatic Classificatio of Spike (AES) の解析ソフトの機能を併せ持つ。

 

データのプリント用シートの見本:

 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ