エントリー

1. Example of New Electrophysiological experiments setup

English

 YTL ソフトを使用した電気生理実験の

              新しいセットアップ例

 

Newsystem-11.jpg

 ここに示した模式図は、YTLaboratory のソフトを導入すれば、従来のオシロスコープやポリグラフのような大型で高額な電気生理機器を使用せずに、机上で電気生理実験(脳神経スパイクの記録等)が可能なことを示しています。

 脳固定装置に固定された脳からの神経信号は、微小電極を通じて小型の微小電極用プローブ(生物用前置増幅器)で検出され、A/Dコンバータを介してパソコンに取り込まれます。そのパソコンにはオシロスコープ等のデータ計測用のソフトがインストールされています。追加のプローブや、刺激信号、その他の電気信号も同じA/Dコンバータを介して8チャンネルまで同時に記録できます。

 このホーム頁では、電気生理実験データの取り込みアプリケーションソフトウエアやデータ解析ソフトを数多く提供しています。特に " Super Oscilloscope " ソフィトをパソコンにインストールすれば、スパイクヒストグラムや、スパイクの相関図を作成しながら、全データの連続記録と同時に音声記録が出来ます。勿論、実験後に目的に応じた解析ソフトで詳しく解析できます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ