エントリー

7. Analysis of Cell Character from Intracellular Recording File (ACC)-YTL

English

ACC-11.jpg

 この Analysis of Cell Charactor from Intracellular Recording File (ACC) プログラムは、細胞内記録のデータを左右に移動表示させることによって、実験中の全ての事象におけるニューロンスパイクの状態を観察できます。この画面は、細胞内に微小電流を流して(赤いトレース)膜電位を脱分極させ、そのときのニューロンスパイクを記録したものである。右上の図には、左図のカーソル間のスパイクのそれぞれの波形を示し、その波形の持続時間、振幅、頻度は瞬時に計算できます。その他、スパイク誘発刺激からの潜時や、膜抵抗等が自動で計測できます。下段には細胞内記録した10分間の全記録が表示してあり、時間が経つにつれて、膜電位記録が小さく(膜電位が浅く)なっているのがよくわかります。 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ